家造りを手がける業者の種類とは!?

家作り業者の代表格であるハウスメーカー

家作りを行う業者にはいくつかの種類がありますが、その代表格だと言われているのがハウスメーカーです。テレビCMを公開している大手のハウスメーカーもあり、知名度が高く、実際に依頼するかどうか検討している人も決して少なくありません。ハウスメーカーは独自に家を造っているというイメージをお持ちの方も多いですが、施工は各地域の建築会社や工務店に任せているケースもあります。このため実際に家作りを依頼する時は、具体的にどの会社が施行するのか、予め確認しておいた方が良いでしょう。またハウスメーカーにはそれぞれに特徴があり、オリジナリティを売りにしている側面もあります。希望条件にぴったり合う業者を見つけるためにも、複数のハウスメーカーを比較するのがベストだと言えるでしょう。

工務店や設計事務所も家作り業者の一つ

日本全国に点在している工務店や設計事務所も、家作り業者の一つです。まず設計事務所の特徴ですが、依頼主の希望を聞き取りながら設計してくれるため、細部に渡って希望条件を実現しやすいというメリットがあります。したがって家作りにおいてこだわりの部分がある場合は、設計事務所に依頼するという選択肢も考えておいた方が良いでしょう。ただし、設計と施工は別の会社へ依頼することになるので、費用は割高になります。一方、各地域で営業している工務店は、設計から施工まで自社で一括して行う場合が多いです。地域密着型で営業している工務店は、その地域の特徴を踏まえた上で家作りをしてくれるという利点があります。ただし、技術力やデザイン力は工務店によって差があるため、厳選することが大切です。