業者の信頼性をチェックしておく

営業担当者の対応と知識

家造りを専門としている業者は数多くありますが、必ずしも全ての業者が信頼できるというわけではありません。中には高い費用を請求していい加減な施工を行う悪質な業者も多く、事前にしっかりと信頼性について確認しておく必要があります。信頼性の有無を見極めるポイントの一つが営業担当者の対応力です。会社の宣伝や仕事の受注を主な仕事営業は会社における大事な役割を担っていて、企業を表す鏡と表現されることもあります。見積もりの提示や打ち合わせなどでの接客の態度はもちろん、利用者からのどんな細かい説明にも答えられる知識を持っているかをチェックすることが大切です。万が一トラブルや問題が起きた場合に言い訳や責任転嫁をせずに、迅速かつ丁寧に対応してくれるかも大事な見極めポイントになります。

アフターフォローの充実度合い

ハウスメーカーを選ぶ上で大事なポイントの一つに、アフターフォローの充実があります。家造りは建設をすればそれで終わりというわけではありません。どんなに高い技術力で細心の注意を払って施工を行っても、住み始めてから災害など予期せぬトラブルで問題が起こるケースも考えられます。信頼できるハウスメーカーはこうした万が一に備えて施工後のアフターフォローの制度をしっかりと設けているのが特徴です。アフターフォローは前述した不具合やトラブルの対応以外にも、無料での定期点検などメーカーによってサービスは異なります。ハウスメーカーに依頼をする時は、保証期間の長さや内容についてもしっかりと確認しておかなくてはいけません。