交通の便やよく利用する施設が周囲にあるか確認

まずは予算を決めることから

土地探しをする際にます最初に決めなければいけないのが「予算」です。どれだけ良い土地を見つけたとしても、自分たちが買える金額でなければいつまでも手に入れることが出来ないですし、予算を決めなければその土地が買えるかどうかも判別できません。土地の予算を考えるうえで忘れてはいけないのが、建築する建物の予算を差し引いたものにするという事です。当たり前の事ですが、土地探しに夢中になりすぎるとついつい忘れてしまうものです。また、土地そのものの価格以外にも土地を購入した際には上下水道の工事費用など、さまざまなお金がかかります。土地を購入する予算はそれらを全て含めた金額で設定しましょう。諸費用については、不動産会社に質問すれば教えてもらえます。

条件を考えて土地探しをしよう

予算が決まったら実際に土地を探すわけですが、一度建物を建築するとそこから移動するためには大変な手間と費用がかかります。したがってどの土地に家を建てるかは慎重に考えなければいけません。後悔しない土地探しをするためには自分なりの条件を設定する必要があります。例えば利便性を重要視するのであれば、出勤や通学などで利用する公共交通機関から誓い場所のほうが良いでしょう。そういった場所であればスーパーや銀行、病院など生活に必要な施設も充実していることが多いです。ただし利便性の高い土地は人気があるので地価が高い傾向にあります。家の広さを重要視するのであれば、都心部や繁華街から少し離れた場所のほうが条件を満たしやすいでしょう。

間取りとは部屋の配置の事です。建物を真上から見た状態の図で、どこに何があるのかや、現在地を知る事が出来ます。